←トップ頁へ

和名 ギョリュウ
漢字表記 御柳
別名・異名 タマリクス/タマリックス
古名
語源 属名はピレネー地方のTamaris川流域に多く産したことによるという。/種小名は「中国の」の意。
学名 Tamarix chinensis Lour.
英名 five-stamen/ tamarisk
仏名 tamaris
独名 Tamariske
伊名 tamarix
西名 Tamarind rosa,Taray catina
葡名
漢名 檉柳/怪柳
植物分類 ギョウリュウ科ギョリュウ属
園芸分類 落葉小高木
用途 庭木/鉢植え/盆栽
原産地 中国/モンゴル
花言葉 犯罪
解説 ギョウリュウはギョリュウ科の落葉樹である。糸のような細い枝に小さな葉を密生させ、ふんわりとした雰囲気を醸し出す特異な樹形を見せる。5月頃もしくは8月頃に枝の先端に穂状の小さな花を見せる。花色は、白もしくは淡紅色。
履歴 寛保年間(1741~1744)に中国より渡来。
県花・国花
古典1
古典2 『倭名類聚鈔』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考 ※ Tmarixの仲間は、本来、乾燥地や塩分を含む地に生える低木である。
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
11 105 「西域を行く」
16 207,208 「香妃を追う」