←トップ頁へ

和名 ギランイヌビワ  撮影地:沖縄県
熱帯・亜熱帯都市緑化植物園
 撮影者:東京都 山口米子様
漢字表記 宜蘭犬琵琶
別名・異名 コニシイヌビワ
古名
語源 和名は、台湾の地名「宜蘭」から。。イヌビワとは、果実がビワに似ているが、小さくて食用に適さないために命名されている。/属名は、イチジクに対するラテン古名。/種小名は「斑文のある」の意。
学名 Ficus variegata
英名 Red stem fig
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 雑色榕
植物分類 クワ科イチジク属
園芸分類 常緑高木
用途 街路樹/防風樹
原産地 日本(八重山諸島)/台湾/中国~東南アジア/オーストラリア
花言葉  
解説 ギランイヌビワは、クワ科の常緑高木である。樹高は7~15m程度となり、特に、盤根を発達させる。樹皮は、灰白色で、白色の斑文が入る。葉の長さは、10~20㎝、幅5~10㎝程度の卵形で、葉の表面には光沢があり、葉脈がはっきりと見える。葉の縁部は全縁、先端部は尾状に尖り、枝に互生する。本種は幹生果で、果実のように見える部分の内部が花であり、外側からは見ることが出来ない。本種の花は、イチジクコバチ類が受粉の媒介をするという。果実の径は2.5~3.5㎝程度。更にこのイチジク状果実をオオコウモリが食し、種子を散布しているという。
履歴  
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考