←トップ頁へ

和名jp ケヤキ     
↑撮影:GKZ/所沢市↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:皇居東御苑↑

↑撮影地:新宿御苑

↑撮影地:皇居東御苑↓
漢字表記
別名・異名
other name
ツキ(槻)
古名
old name
ツキ(槻)
ツク(槻)
ツキノキ(槻)
語源
etymology
和名は、顕著・目立つことを示す古語「けやけし」からとも言われている。
属名はZelkova carpinnifoliaに対するコーカサス名から。
種小名は「鋸歯のある」の意。
学名sn Zelkova serrata Makino
英名en Zelkova tree
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名pt 光葉欅
植物分類 ニレ科ケヤキ属
園芸分類 落葉高木
用途use 各種用材/防風林/染料(樹皮)
原産地
Distribution
日本(本州/四国/九州)/朝鮮半島/中国
花言葉 重厚
解説
description
ケヤキは、ニレ科の落葉樹である。防風林として屋敷内に植えられ、大木となるうえ、木理が非常に美しいことと、材質が堅牢なために、各種の用途に必要欠かせない樹木であった。大きい物では、樹高が50㍍を超えることもある。4月~5月にかけて淡黄緑色の雄花を葉の腋に見せる。雌花は、今年枝の花の腋に一個つける。花色は雄花に同じ。果実は、扁球形で、稜角を有する。晩秋に熟し、果皮は灰黒色となる。Topicsの植物回想録の中に「ケヤキについて」の記述があります。参照下さい。
履歴 万葉集に詠まれているツキ(槻)とはケヤキの古名である。『万葉集』では7首詠まれている。
県花・国花 宮城県木福島県木埼玉県木
宮崎県:山田町木・都城市木・日之影町木
大分県:玖珠町木
熊本県:多良木町木
長崎県:国見町木・愛野町木
佐賀県:玄海町木・嬉野町木
福岡県:久山町木・久留米市木・朝倉町木
島根県:日原町木
和歌山県:美里町木・花園村木
滋賀県:甲良町・木木之本町木
京都府:舞鶴市木・福知山市木
兵庫県:社町木・中町木
大阪府:能勢町木・高槻市木
三重県:菰野町木・鈴鹿市・美里村木
石川県:川北町木・山中町木
富山県:富山市木
福井県:永平寺町木・大野市木・上志比村木・坂井町木
岐阜県:揖斐川町木・垂井町木/愛知県:春日井市木・知立市木・豊明市木・豊田市木/新潟県:出雲崎町木・長岡市木・伊那市木
長野県:木島平村木・木曽福島町・豊科町木・中条村木・日義村木・堀金村木・箕輪町木・八坂村木
静岡県:御殿場市木
群馬県:吾妻町木・大泉町木・小野上村木・神流町木・高崎市木・中之条町木・前橋市木・吉井町木
栃木県:小川町木・烏山町木・西方町木・芳賀町木・藤岡町木・南那須町木・真岡町木・茂木町木
茨城県:石岡市木・伊奈町木・河内町木・北茨城市木・古河市木・三和町木・つくば市木・新治村木・坂東市木・常陸太田市木・日立市木・美野里町木・八千代町木
千葉県:我孫子市木・千葉市木・野田市木
埼玉県:朝霞市木・入間市木・大里町木・小川町木・桶川市木・鴻巣市木・越谷市木・さいたま市木・富士見市木・三芳町木・旧妻沼町木・吉見町木・蕨市木
神奈川県:相模原市木・横浜市木
東京都:板橋区木・清瀬市木・小金井市木・国分寺市木・小平市木・渋谷区木・新宿区木・世田谷区木・立川市木・西東京市木・東村山市木・東大和市木・府中市木・町田市木・武蔵野市木
福島県:鹿島町木・高郷村木・福島市木・南相馬市木
宮城県:仙台市木
山形県:東根市木・尾花沢市木・酒田市木・三川町木・庄内町木
岩手県:紫波町木・大槌町木
秋田県:秋田市木・八郎潟町木・由利本荘市木・大仙市木
青森県:鰺ヶ沢町木・横浜町木・階上町木
古典1 『古事記』、『日本書紀』、『出雲風土記』、『常陸風土記』、『万葉集』、『近松浄瑠璃集』、『芭蕉句集』
古典2 『本草和名』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語 冬(「欅枯る」)
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
16 194 「乗り越し」