←トップ頁へ

和名 ケラストティグマ・ウィルモッティアヌム
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のceras(=角)とstigma(=柱頭)の合成語で、雄蕊の形状から。/種小名は20世紀初頭のイギリス人園芸家Ellen Ann Willmottへの献名。
学名 Ceratostigma willmottianum
英名 Chinese plumbago,
Chinese leadwort
仏名
独名     撮影者:東京都 山口米子様
伊名 撮影地:大船フラワーセンター
西名
葡名
漢名 岷江藍雪花
植物分類 イソマツ科ルリマツリモドキ属
園芸分類 落葉小低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 ヒマラヤ地方(中国西部~チベット)
花言葉 いたずら心
解説 ケラストティグマ・ウィルモッティアヌムは、イソマツ科の落葉樹である。樹高は1m前後程度の小低木である。葉は長さ2㎝程度の楕円形で互生する。葉は、ほぼ全縁、鈍頭若枝は、節毎にジグザグ状に曲折する傾向を見せる。葉並びに枝は白毛が密生する。7~11月頃、葉腋に径2㎝程度で青紫色の花をつける。花冠は筒状で先端は5裂する。各裂片の先端部は内側に凹みを見せる。秋には、葉が見事に紅葉する。
履歴 我が国へは明治期に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考