←トップ頁へ

検索名 ケラトスティグマ・グリフシー
和名 ブータンルリマツリ
漢字表記 不丹瑠璃茉莉
別名・異名 ケラトスティグマ・グリフシー
古名
語源 和名はブータンに産するルリマツリの意から。/属名は、ギリシャ語のceras(=角)とstigma(=柱頭)の合成語で、雄蕊の形状から。/種小名はインド植物の研究者だったイギリス人W.Griffithsへの献名。
学名 Ceratostigma griffithii
英名 Burmes plumbago 撮影者:京都府 藤井俊夫様
仏名 撮影地:京都府木津川市
独名
伊名
西名
葡名
漢名 毛藍雪花
植物分類 イソマツ科ルリマツリモドキ属
園芸分類 半常緑小低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 ヒマラヤ地方
花言葉 いたずら心
解説 ブータンルリマツリは、イソマツ科の半常緑樹である。樹高は1m前後程度の小低木である。葉は楕円形で互生する。葉は、ほぼ全縁、円頭。葉並びに枝は白毛が密生する。7~11月頃、葉腋に径2㎝程度で青紫色の花をつける。花冠は筒状で先端は5裂する。秋には、葉が見事に紅葉する。語源の項では、「ブータンに産する」と記したが、英名では「Burmes plumbago(ビルマルリマツリ)」としている。どちらもそれぞれ渡来地を示しているものと推測される。因みに、中尾佐助・西岡京治著『ブータンの花』(朝日新聞社刊 1984年)によれば、本種は、ヒマラヤの海抜1400m級の地帯に見られたとのことである。
履歴 我が国へは明治期に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考