←トップ頁へ

和名 ケンポナシ
漢字表記 玄圃梨
↓撮影者:新潟県 塩野計司様↑

下2図撮影者:千葉県 三浦久美子様

↑撮影地:小石川植物園↓
  
別名・異名
古名 撮影地:新潟県津南町にて→
語源 和名は、テンポナシ(手棒梨)からの転訛という。実の形状を腫れぼったい手指にたとえたものとか。ナシは、実が甘いことから。/属名は、オランダの宣教師D.ホーベンの名に因んでいる。/種小名は「甘味のある」の意。
学名 Hovenia dulcis Thunb.
英名 Raisin Tree
仏名
独名 撮影地:新潟県・八方台にて→
伊名
西名
葡名
漢名 拐棗
植物分類 クロウメモドキ科ケンポナシ属
園芸分類 落葉高木
用途 食用(実)/用材(建築・家具・器具)
原産地 日本/朝鮮半島/中国
花言葉
解説 ケンポナシは、クロウメモドキ科の落葉樹である。樹高は15m程度に。葉は広卵形で、先端は尖り、縁には鋸歯がある。6~7月頃に枝先に深緑色の五弁花が集まって開花する。果実は赤味を帯び、甘味がある。
履歴
県花・国花
古典1 『御伽草子』
古典2 『大和本草』、『倭名類聚鈔』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考 欄外の写真撮影者は塩野計司様