←トップ頁へ

和名 ケガキ
漢字表記 毛柿
別名・異名 フィリピンガキ
古名
語源 和名は、果実の形状がカキに似ていて、その表面に、ビロード状の毛が見られることから。/属名は、ギリシャ語のdios(=神)とpyros(=穀物)の合成語で、「神の食べ物」の意。つまり、美味な食べ物として讃えたもの。/種小名は「二色の」の意。
学名 Diospyros discolor willd.
英名 Velvet Apple/Butter fruit/Mabolo
仏名
独名 結実時の写真をお持ちの方、ご提供下さい。
伊名 連絡先は、メニュー頁最下段にあります。
西名
葡名
漢名 毛柿
植物分類 カキノキ科カキノキ属
園芸分類 常緑高木
用途 食用(果実・種子)/用材(木彫材)
原産地 フィリピン 台湾にて
花言葉
解説 ケガキはカキノキ科の常緑樹である。樹高は20m程度にも。葉は長楕円形で10~25㎝程度、表面には光沢が見られる。枝の分枝は比較的少ない。果実は名前の通り表面にビロード状の毛をつけたカキの実に似た形状で、ジャコウ臭がある。果肉は生食されるが、酸味が強く、果汁は少ない。現地では、種子も煎って食用にすると言う。材はフィリピン縞黒檀と呼ばれ木彫に用いられる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考