←トップ頁へ

和名 ケブカルイラソウ
漢字表記 毛深ルイラ草
別名・異名 ルエリア・スクアロサ
古名
語源 和名は、茎や葉に粗毛が密生することから。/属名はフランスの植物学者J・リュエルの名に因んでいる。/種小名は「表面が平らでは無い」の意。
学名 Ruellia squarrosa
英名 Water bluebell
仏名
独名    撮影者:沖縄県 比嘉善一様 
伊名  撮影地:沖縄県北中城村
西名  Ruéllia-azul
葡名 Ruélia-roxa
漢名 更多蔓性蘆莉
植物分類 キツネノマゴ科ルイラソウ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え(温室栽培)/鉢植え
原産地 熱帯アメリカ
花言葉
解説 ケブカルイラソウはキツネノマゴ科の常緑樹である。樹高は20~30㎝程度。全体的に白色の粗毛が密生する。葉は披針形で茎に対生する。葉の触感はざらつき感がある。5~12月頃(原産地では周年開花)、径3~4㎝程度で青藤色の筒状花を葉腋に付ける。花冠5深裂する。花は、一日花である。
履歴 本種は、熱帯アメリカ原産であるが、我が国では沖縄県において帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考