←トップ頁へ

検索名 ゲンペイカズラ
和名 ゲンペイクサギ
漢字表記 源平臭木
別名・異名 ゲンペイカズラ/クレロデンドロン・トムソニア
古名
語源 和名は、花色の紅色と萼の白色とのコントラストから。/属名は、cleros(=運命)とdenndoron(=樹木)の合成語で、「運命の木」の意。スリランカであ発見された2種を「幸運の木」と「不幸の木」と呼んだことからと言う。/種小名は英国の薬学者A・T・トムソンの名に因んでいる。
学名 Clerodendrum thomsoniae
英名 Bleeding-heart,
Glory-bower,bagflower
館林市県立つつじが岡公園温室にて
仏名 Clerodendron de Thompson
独名 Losbaum,Schicksalabaum
伊名
西名 Clerodendro
葡名 Lágrima-de-cristo
漢名 龍吐珠
植物分類 シソ科クサギ属
園芸分類 蔓性常緑低木
用途 路地植え(温室栽培)/鉢植え
原産地 熱帯アフリカ西海岸
花言葉 好機到来、親友
解説 ゲンペイクサギは、シソ科(クマツヅラ科)の蔓性常緑樹である。樹高は4~5m程度に。蔓性で、葉は長卵形で、全縁、鋭頭、茎に対生する。5~7月頃、枝先に円錐花序を形成する。萼は白色の五角形で深く裂ける。花弁は紅色で、筒状。シベは長く突き出しよく目立つ。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考