←トップ頁へ

和名jp カヤ
↑群馬県緑化センター↓/撮影:GKZ

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:筑波実験植物園↑

撮影地:多摩森林科学園↑
撮影者:東京都 中村敏子様↓

撮影地:昭和薬科大学薬用植物園↑  
漢字表記
別名・異名
other name
古名old name カヘ(榧・柏・加閇)
語源
etymology
和名は、古名「カヘ」の転訛からとも。また、一説には「蚊遣り」に用いたことからとも。
属名はアメリカの植物学者J・トレーの名に因んでいる。
種小名は「堅果を持った」の意。
学名sn Torreya nucifera Sieb
英名en Japanese Nutmeg-yew
仏名fr  
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
香榧
植物分類 イチイ科カヤ属
園芸分類 常緑高木
用途use 庭木/公園樹/庭園樹/各種用材(建築、器具、碁盤)/採油(食用、灯用、塗料)/薬用/食用(胚乳)
原産地
distribution
日本(本州:宮城県以南~屋久島)
花言葉
解説
description
カヤはイチイ科の常緑樹である。本種は群落を作ることはあまりなく、人為的な栽培も少ないが、民家の周囲や庭木として植栽されることは多い樹種である。樹皮は縦裂し、幹から出る枝は輪生する。樹高は20m以上にも達する。樹皮は青灰色。葉は革質で光沢を見せる。葉長2~3㎝程度で形状は線形。雌雄異株。我が国の山野に自生を見る常緑高木である。材質が非常に堅いために、利用度も高い。特に、碁盤、将棋盤はカヤ材で作ったものを最高級としている。種子は食用に、薬用に、油は照葉油にと有用樹木である。
履歴
県花・国花 福島県:桑折町木
古典1 『万葉集』、『新古今和歌集』、『方丈記』、『徒然草』、『近松浄瑠璃集』 
古典2 『延喜式』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』 
季語 新年/春(花)
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
10 186 「かんかん石」