←トップ頁へ

和名jp カタトゲパンノキ
撮影者:千葉県 三浦久美子様 
漢字表記 堅棘麺麭木
別名・異名
another name
モンキー・ジャック
古名old name
語源
etymology
和名は果実に刺状の突起を持つパンノキの意。
属名は、ギリシャ語のartos(=パン)とcarpus(=果実)の合成語から。
種小名は「堅い」の意。
学名sn Artocarpus rigidus
英名en Monkey Jack fruit
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:咲くやこの花館
西名es
葡名pt
漢名ch 猴面果
植物分類 クワ科パンノキ属
園芸分類 常緑高木
用途use 食用/飲料(果汁)/用材(材)
原産地
distribution
インドネシア、ミャンマー、マレーシア、タイ、カンボジア、ヴェトナム
花言葉 豪傑、最大
解説
description
カタトゲパンノキはクワ科の常緑樹である。樹高は30m程度となる。雌雄同株。葉は長さ3~30㎝、幅1.5~15㎝程度の楕円状で、縁部は全縁、先端部は尖り、基部では短い葉柄に連なり枝に互生する。葉質は薄い革質で、表面には幾分光沢がある。4~5月頃、枝先の葉腋に雄花序と雌花序とを付ける。雄花は径2.5㎝程度で黄花である。花後の果実は径10㎝程度の球形で橙熟する。果実は、内部に長さ1.5㎝程度の果実を10個程度持つ集合果である。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
19 157 「天涯海角」