←トップ頁へ

検索名  カレーリーフ  
和名 オオバゲッキツ

とちぎ花センターにて 
漢字表記 大葉月橘
別名・異名 ナンヨウザンショウ(南洋山椒)/カレーノキ(カレーの木)/カレーリーフ/ホーム・ケーク(タイ語名)
古名
語源 属名は、リンネの弟子にあたるスェーデンの植物学者 Johan Andreas Murray (1740 - 91年) への献名。/種小名はドイツ人医師・植物学者のヨハン・ゲルハルト・ケーニッヒ(Johan Gerhard König)の名に因んでいる。
学名  Murraya koenigii 
英名 Curry leaf plant
Black neem,Sweet neem
仏名 Kaloupilé,Caloupilé
独名 Currybaum
伊名 Murraya
西名 Árbol del curry,
Árbol de hojas de curry
葡名 Árvore-do-caril
漢名 可因月橘、調料九里香
植物分類 ミカン科ゲッキツ属
園芸分類 常緑小高木
用途 香辛料(葉)、香油(花)、薬用(葉・樹皮・根)、用材(農具の柄等)
原産地  インド 
花言葉
解説 オオバゲッキツはミカン科の常緑樹である。樹高は4~6m程度に。葉は奇数羽状複葉で、11~22個の小葉を持つ。小葉は長さ2~4㎝、幅1~2㎝程度の披針形で、短い葉柄を持ち、先端は鋭頭、縁には不規則な鋸歯がある。葉には強い芳香がある。7~9月頃、白色5弁の小花を付ける。花後の果実は、掲載した写真に見られるように黒熟する。内包される種子は有毒である。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考