←トップ頁へ

和名jp カラタネオガタマ
撮影:GKZ/淡路島国営明石海峡公園↑
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:神代植物公園↑

撮影地:皇居東御苑↑

撮影地:筑波実験植物園↑

撮影地:皇居東御苑↑  
漢字表記 唐種小賀玉/唐種招霊
別名・異名
other name
トウオガタマ(唐小賀玉)
古名old name
語源
ettymology
和名は、我が国のオガタマノキと区別して、渡来植物であることを示している。
属名は、スイスの植物学者Marc Micheliの名に因んでいる。
種小名は「添付する、固定する」の意。
学名sn Michelia figo
英名en banana shrub
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 含笑花
植物分類 モクレン科オガタマノキ属
園芸分類 常緑中木
用途use 庭木/公園樹
原産地distribution 中国南部
花言葉 甘い誘惑
解説
description
カラタネオガタマはモクレン科の常緑樹である。樹高は3~5m程度に。葉は短い葉柄の先に長さ5㎝前後、2~3㎝程度の楕円形で、全縁、鋭頭、枝に互生する。葉の表面には光沢があり、裏面の主脈上には褐色の毛がある。暖地性植物のため、関東以西では育つ。5・6月頃に黄白色の花を見せるが、開花時にはバナナにも似た香りを発する。
履歴 江戸期半ばに渡来したと推測されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
19 152 「含笑花」
22 177 「ひごたい」
22 341 「編笠茸」