←トップ頁へ

和名jp カラマツ
↑撮影:GHZ新芽と紅葉(長野県八ヶ岳山麓)↓

撮影:GKZ/塩原市・ハンターマウンテン↑

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:八千穂高原↑

撮影地:月山志津温泉↑

撮影地:富士山御中道↑   
漢字表記 落葉松
別名・異名
another name
フジマツ(富士松)
ニッコウマツ(日光松)
古名old name フジマツ(不之末豆)
語源
etymology
和名は、短枝に集まった葉の様子が絵画に描かれる<唐松風>であるところから。
属名はケルト語のlar(=ヨーロッパカラマツの古代名)に由来している。
種小名は江戸時代に来日したエンゲルベルト・ケンペルの名に因んでいる。
学名sn Larix kaempferi
英名en Japanese larch
仏名fr Mélèze du Japon
独名de Japanische Läarche
伊名it lariche
西名es alerche
葡名pt Lariço   
漢名ch 日本落葉松
植物分類 マツ科カラマツ属
園芸分類 落葉針葉高木
用途use 各種用材(建築・土木・電柱・枕木・船材・器具)/染料(樹皮)/パルプ原料/盆栽
原産地
distribution
本州(宮城~静岡間)垂直分布は海抜900~2800㍍)
花言葉 大胆/無遠慮
解説
description
カラマツは、マツ科の落葉樹である。幹は直立し30mにも達する。葉は2~4㎝程度の線形。雌雄同種。新緑も柔らかそうな若緑が美しいが、秋の黄葉も見事であるために、人々に親しまれている。
履歴
県花・国花 長野県:川上村木・北相木村木・小海町木・佐久市木
群馬県:長野原町木
古典1
古典2 『大和本草』、『和漢三歳図会』
季語 冬(落ち葉)
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
9 58 「昭和新山」