←トップ頁へ

検索名  カラバシュ
撮影者:東京都 中村利治様
撮影地:タイ・クラビ


撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:筑波実験植物園

撮影:GKZ/沖縄ワールドにて↓
和名 フクベノキ
漢字表記 瓢木
別名・異名 ヒョウタンノキ
カラバシュ
古名
語源 和名は、果実がヒョウタンに似ていることから。
属名はラテン語で「生長する、大きくなる」の意。
種小名は本種のスペイン語名から。
学名 Crescentia cujete
英名 Calabash Tree,Miracle fruit,Ayale
仏名 Calebassier
独名 Kalebassenbaum
伊名 Crescentia cujete
西名 Calabacero,
Totumo,
Taparo,
Cuyabra,
Culete
葡名 Coité,Cuité,
Cabaceira,
Cuieira、
Árvore0-de-cuia,
Cuia,Cuitereira
漢名 葫芦樹/蒲瓜樹
泰名  น้ำเต้าต้น  
植物分類 ノウゼンカズラ科フクベノキ属
園芸分類 常緑小高木
用途 容器(果実)/民芸品
原産地 熱帯アメリカ/西インド諸島
花言葉
解説 フクベノキは、ノウゼンカズラ科の常緑樹である。樹高は、5~8m程度に。樹皮は明るい褐色。花は夜開で、蝙蝠媒花である。花の径は、6㎝前後で、幹生花である。果実は、人間の頭ほどの大きさの乾果で、中の果肉を取り除き容器や民芸品として利用する。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考