←トップ頁へ

和名jp カンノンチク
撮影者:東京都 中村利治様

撮影地:タイ・ホアヒン

撮影:GKZ:群馬県立つつじが岡公園温室↓ 
斑入り葉種 
漢字表記 観音竹
別名・異名
other name
リュウキュウシュロチク
古名
old name
語源
etymology
観音竹」の名は、我が国で命名されたが、由来は、琉球の寺院の山号からという。
属名はraphis(=針)に由来し、葉の縁に針を伴うことから。
種小名は「高い」の意。
学名sn Rhapis excelsa
英名en Broadleaf Lady Palm,
Bamboo Palm
仏名fr
独名de  
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 筋頭
棕竹
植物分類 ヤシ科カンノンチク属
園芸分類 常緑生木本
用途use 鉢植え
原産地
distribution
沖縄〜中国南部
花言葉 スマートな淑女
解説
description
カンノンチクはヤシ科の常緑樹である。樹高は3m程度まで。茎は円柱状で節が多く、古い葉鞘の繊維で包まれている。花は淡黄色の小花で円錐状にまばらに開花する。雌雄異株。亜熱帯性植物である。シュロチクと共に矮性植物のために鉢植え栽培がなされる。
履歴 江戸時代に注目され、昭和初期に再びブームを呼んだ古典園芸植物の一種である。特に斑入り種に人気が集中する傾向にある。
県花・国花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
2 282 「椰子」