←トップ頁へ

検索名  カングミ(寒胡頽)
↑撮影者:東京都 山口米子様↓ 

撮影地:第90回国風盆栽展会場↑
下2図撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:千葉県稲毛海岸↑

撮影地:千葉県・京葉沿線緑地↑ 
和名 ナワシログミ
漢字表記 苗代茱萸
別名・異名 タワラグミ(俵胡頽)
カングミ(寒胡頽)
古名
語源 和名は、苗代をつくる頃に実が熟すことから。/属名は、ギリシャ語のelaia(=オリーブ)とagnos(=セイヨウニンジンボク)の合成語で、果実が前者に、葉が後者に似ていることからの命名。/種小名は「堅くて尖った」の意。
学名 Ealeagnus pungens
英名 thorny elaeagnus,
spotted elaeagnus,
silverthorn
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 胡頽子
植物分類 グミ科グミ属
園芸分類 常緑低木
用途 食用(実)/薬用(実)/庭木・生け垣/用材(農具・工具の柄)/薪材
原産地 日本(本州中南部~九州)/中国
花言葉 心の純潔
解説 ナワシログミは、グミ科の常緑樹である。概して低山や海岸沿いに自生が見られる。樹高は3m程度まで。枝は、永く伸び、小枝は刺状である。葉は5~9㎝程度の長楕円形で、互生する。葉は革質で、表面には光沢がある。裏面は銀白色か淡褐色の小鱗片を密につける。花は秋10月頃に開花し、実は名前の通り翌年の苗代時(5~6月頃)に紅熟する。果実は、長さ1.5㎝前後の長楕円状で、果皮には褐色の鱗片がある。果実は、甘味があり食用になるが幾分渋味を伴う。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『』大和本草、『和漢三歳図絵』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語 春(ぐみ)
備考