←トップ頁へ

和名 カマエドレア・ザイフリツィー
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のchamai(=小さい)とdorea(=贈り物)の合成語から。/種小名は20世紀アメリカの植物学者William Seifrizへの献名。
学名 Chamaedorea seifrizii
英名 Bamboo palm,Reed palm,
Seifriz's bamboo plam
仏名      撮影者:東京都 中村利治様
独名 撮影地:筑波実験植物園
伊名
西名 Palma bambú,Palmera bambú,
Palmera Seifriz de bambú
葡名 Camedórea-bambu,
Palmeira-bambu,
Palma-bambú
漢名 竹茎椰子
植物分類 ヤシ科テーブルヤシ属
園芸分類 常緑低木
用途 鉢植え
原産地 メキシコ~中央アメリカ
花言葉
解説 カマエドレア・サイフリッチーはヤシ科の常緑樹である。中央アメリカの熱帯雨林に自生の見られるヤシの仲間である。概して、株元から多数の茎が叢出する。樹高は2m程度。中国名に「竹茎椰子」の名が見られるように、茎は細く、途中に節があり、一見してタケの仲間のようでも見える。葉は羽状複葉で10~15個の小葉で構成される。葉鞘から緑色~黄橙色の花梗を伸ばした先に円錐花序を出し、黄色い小花を多数つける。花冠は3裂する。果実は、球状で、橙色を経て黒熟する。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考