←トップ頁へ

和名 ガジスグス
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:筑波実験植物園
漢字表記 ガジス樟
別名・異名 キナモムム・パルテノキシロン
テープタロー(タイ語名)
古名
語源 和名の語源不詳。和名に見られる「ガジス」は地名に因んでいるものと推測される。/属名は、ギリシャ語のcinein(=巻く)とamomos(=申し分ない)の合成語で、巻き上がった葉の形状と芳香を讃えているとか。/種小名は「処女の木」の意。
学名 Cinnamomum parthenoxylon
英名 Selasian wood
Saffrol laurel
Martaban camphor wood
Yellow Cinnamomum
仏名
独名
伊名
西名 Alcanforero amarillo
Mreah prew phnom
葡名 6-12×3-6cm
漢名 黄樟
泰名  เทพธาโร 
植物分類 クスノキ科ニッケイ属
園芸分類 常緑高木
用途 果実の油脂(石鹸材料)/薬用/香料/用材(家具・器具材)/蚕飼料(葉)
原産地 ブータン・ミャンマー・カンボジア・中国・印度・インドネシア・ラオス・マレーシア・ネパール・フィリピン・タイ・ヴェトナム
花言葉 純潔/清浄
解説 ガジスグスは、クスノキ科の常緑樹である。樹高は10~20m程度となる。樹皮は、濃緑色~茶褐色、或いは上部では、灰色~黄色となる。樹皮の表面は、縦に深裂し、剥離する。樹皮は厚さ3~5㎜程度で、赤味を帯びており、樟脳の香りがする。若枝は灰緑色で、無毛である。葉は長さ6~12㎝、幅3~6㎝程度の楕円状卵形~狭楕円形で枝に互生する。3~5月頃、枝先の葉腋に散形花序を出し、径3㎜程度で緑色~黄色の小花をつける。花後には、径6~8㎜程度でほぼ球状の果実をつけ黒熟する。本種の根・樹皮・小枝・葉には揮発性の脂分と樟脳が含まれる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考