←トップ頁へ

検索名  ヴィブルナム・フォエティダム・レクタングラタム 
和名jp タイヘイヨウゾメ
漢字表記 大平莢蒾
別名・異名
other name
ヴィブルナム・フォエティダム・レクタングラタム 
古名old name
語源
etymology
和名は、台湾・大平山の名に因んでいる。
属名は、この属に属する植物のラテン古名であったものを属名として用いたものと言われている。
種小名は「直角の」の意。
学名sn Viburnum foetidum var. rectangulatum
英名en Taipingshan Viburnum
撮影者:千葉県 三浦久美子様
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:富山中央植物園
西名es
葡名pt
漢名ch 狭葉莢蒾
太平山莢蒾
四方莢蒾
直角莢蒾
卵葉糯米樹
植物分類 レンブクソウ(←スイカズラ)科ガマズミ属
園芸分類 蔓生常緑低木
用途use 庭園樹(招鳥樹)/薬用
原産地
distribution
台湾・中国(広東省・広西省・貴州省・河南省・湖北省・湖南省・江西省・陜西省・四川省・雲南省)
花言葉
解説
desription
ヴィブルナム・フォエティダム・レクタングラタムレンブクソウ科(←スイカズラ科)の常緑樹である。本種は、台湾では、標高1600~3300m、中国意大陸では、標高600~2400mの雑木林自生する樹種である。本種は蔓生常緑樹で、樹高は6~8m程度となる。本種の小枝は幹から直角に分枝する。若枝には星状毛が密生する。葉は、長さ4~8㎝、幅2~3.5㎝程度の卵形~長卵形で、縁部は全縁 ~疎らに粗鋸歯を持ち、基部では間はさ0.5~1㎝程度の葉柄に連なり枝に対生する。葉の表面には光沢があり、葉柄には細毛がつく。5~7月頃、葉腋から円錐花序を出し、径03~0.4㎝程度で白色の5弁花をつける。花後には径6㎜程度でほぼ楕円状の核果をつけ、赤熟し下垂する。果実は、野鳥たちが好んで食べる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考