←トップ頁へ

和名 ヴェルティコルディア・プルモサ・インクラッサータ
漢字表記
古名
別名・異名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のverticil(=輪になった)とcordata(=心形の)の合成語で、花の中心にハート形になった花弁が輪を描くことから。/種小名は「羽根を持った」の意。/変種名は「肥厚した」の意。 撮影者:愛媛県 日原由紀子様 
学名 Verticordia plumosa var. incrassata
英名 Plumed feather-flower
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 フトモモ科ヴェルティコルディア属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ヴェルティコルディア・プルモサ・インクラッサータはフトモモ科の常緑樹である。本種は、オーストラリア大陸南西部の沿海地の砂壌地で、起伏のある平原や丘の中腹などに自生の見られる灌木である。樹高は25~80㎝程度となる。葉は多肉質で膨らみのある楕円形~線形で、先端部は針状突起となり、枝に対生する。原産地のオーストラリアでは7~10月頃、葉腋から長さ4~8㎜程度の花柄を伸ばし、掲載した写真に見られるような花姿を見せる。二重咲きで、外側の花弁が羽状に細裂するために、原産地のオーストラリアではPlumed feather-flowerと呼ばれている。花色は、紅色・紅紫色・桃色などとなる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考