←トップ頁へ

和名  ヴェルティコルディア・ピクタ 
漢字表記
別名・異名
古名
語源  和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のverticil(=輪になった)とcordata(=心形の)の合成語で、花の中心にハート形になった花弁が輪を描くことから。/種小名は「塗装された」の意。 
学名 Verticordia picta
英名 Paitede feather flower,
China cups
 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
仏名
独名
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名 コカビン・ロック
葡名
漢名     
植物分類 フトモモ科ヴェルティコルディア属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ヴェルティコルディア・ピクタはフトモモ科の常緑樹である。本種は、オーストラリア西部~南西部の砂壌地に自生の見られる灌木である。樹高は30~150㎝程度となる。矮小な灌木ではあるが良く分枝をし、広がりを見せる。葉は断面が半円形で、長さ4~12㎜程度の線形で、縁部は全縁、先端部は尖り、枝に対生する。原産地オーストラリアでは、6~11月頃、枝先に散房花序を出し、径7~14㎜程度の小花を多数つける。花は基本的にはピンクであるが、白色の場合もあり、椀形に開花する。そこで、原産地ではChina cupsと呼ばれている。花弁の下には花弁と同色の萼片がつく。この萼片は、縁部が糸状に細裂する。  
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考