←トップ頁へ

和名  ヴェルティコルディア・ガレアータ   撮影者:愛媛県 日原由紀子様
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のverticil(=輪になった)とcordata(=心形の)の合成語で、花の中心にハート形になった花弁が輪を描くことから。/種小名は「兜状の」の意。花冠の様子を示している。
学名 Verticordia galeata
英名
仏名
独名
伊名 撮影地:オーストラリア・パース
西名 キングス・パーク
葡名
漢名     
植物分類 フトモモ科ヴェルティコルディア属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ヴェルティコルディア・ガレアータはフトモモ科の常緑樹である。本種は、オーストラリア西部のインド洋に面した沿海地の砂岩警告の岩の割れ目等に自生する灌木である。樹高は25~100㎝程度。葉は、幾分多肉な長さ1~3㎝程度で、先端部は尖り、枝に対生する。8~9月頃、枝先に集散花序を出し、鮮黄色の杯状小花を多数付ける。本種の花は、一見して副花冠を持つような開花の在り方を見せる。萼片は羽状に細裂し閉架し、その中に径5㎜程度の花冠を持ち、花冠は5浅裂し、中央の雌蘂は突起状に突き出る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考