←トップ頁へ

検索名 プッサー(タイ語名)   
和名 インドナツメ
漢字表記 印度棗
別名・異名 プッサー(タイ語名)
古名
語源 和名は、インド産のナツメの意。/属名はアラビヤ名のzizofがギリシャ語に入りzizyphonとなったもの。/種小名は「モーリシャス島の」の意。
学名 Ziziphus mauritiana
英名 Indian jujube/Jujube
仏名 Pomme=surette,Jujubier tropica 撮影者:東京都 中村利治様/ラオスにて
独名 Indische Jujube,
Filzblättringe Jujube
伊名 Indiase jujube
西名 Posingué
葡名 Tamarindus indica
漢名 蛮棗/吉寧棗
泰名  พุธทรา 
植物分類 クロウメモドキ科ナツメ属
園芸分類 落葉小高木
用途 ピクルス/シャーベット/ドライフルーツ
原産地 インドを中心とした南アジア
花言葉
解説 インドナツメは、クロウメモドキ科の小高木である。樹高は6m程度に。枝は垂れ下がり、葉は短い葉柄を持ち、裏面には灰白色の柔毛が密生する。葉柄基部には2本の刺がある。花は淡緑色で、小花である。果実は、橙色で、楕円形。長さは2~3.5㎝程度。果肉はさくさくしているが、果汁は少ない。幾分酸味がある。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 写真(下)撮影者:GKZ
沖縄ワールド内熱帯果樹園にて