←トップ頁へ

検索名  プセウドランテムム・レティクラツム・オウアリフォリウム
和名 マルバルリハナガサモドキ
↑撮影地:大船植物園↓ 

 撮影地新宿御苑↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様
漢字表記 丸葉瑠璃花笠擬
別名・異名 プセウドランテムム・レティクラツム・オウアリフォリウム
古名
語源 和名は葉が丸みを帯びているルリハナガサモドキの意から。/属名は、ギリシャ語のpseudo(=接頭語で偽の意。)とeranthemumu(=キツネノマゴ科のルリハナガサ属)の合成語で「ルリハナガサモドキ」の意となる。/種小名は「網目状の」の意。/変種名は「広楕円形葉の」の意。
   
学名 Pseuderanthemum reticulatum var. ovarifolium
英名
仏名  
独名
伊名
西名
葡名
漢名 円金葉擬美花
植物分類 キツネノマゴ科ルリハナガサモドキ属
園芸分類 常緑低木
用途 観葉温室植物/鉢植え
原産地 ポリネシア~メラネシア
花言葉
解説 マルバルリハナガサモドキは、キツネノマゴ科の常緑樹である。本種はルリハナガサモドキからの広葉変種として分類される。樹高は1~2m程度となる。葉は短い葉柄を持った広楕円形で、全縁、鈍頭、枝に対生する。葉色は、緑色からやがて黄色へと変化する。原産地では通年開花と言うことであるが、我が国での開花は8~10月頃茎頂並びに葉腋に穂状花序を出し、白色の筒状花をつける。花は基部が長い筒状になっており、花冠は遠目には4裂に見えるが、上の2裂片が近接しているためであり実際には5裂している。裂片は、概して外方に反り返る傾向を見せる。花冠の喉部には桃紫色の模様が入る。花径は2㎝程度。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考