←トップ頁へ

和名 プセウドボンバックス・エリプティクム
漢字表記
撮影者:東京都 中村利治様

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓ 

撮影地:筑波実験植物園
別名・異名 シェービングブラシ・ツリー
古名
語源 和名は学名の音読みから。
属名はギリシャ語のpseudo(=偽の)とbombax(=ワタ)の合成語から
種小名は、「楕円形の」の意。
変種名は「白色の」の意。
学名 Pseudobombax ellipticum
英名 Shaving brush tree
仏名   
独名
伊名
西名 Cabellos de angel,cocuche,
Mocoque,guietiqui,Itayata
葡名 Embiruçu-vermelho
Pincel-de-barba
漢名 粉紅木綿
植物分類 パンヤ科プセウドボンバックス属
園芸分類 落葉高木
用途 薪材/工芸用材
原産地 メキシコ~グアテマラ
花言葉
解説 プセウドボンバックス・エリプティクムは、パンヤ科の落葉樹である。幹の基部は肥大化し、樹高は原産地では18m前後にも達するという。葉は卵形で、長い葉柄を持ち掌状に枝につく。新葉の内は赤色であるがやがて濃緑色へと変わる。2月頃、葉の展開に先立って、花冠が退化して、200本前後の雄蕊がむき出しになった花を開花させる。掲載した写真は白色であるが一般的には濃紅桃色である。花の形状から英名ではShaving brush treeと呼ばれる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考