←トップ頁へ

和名 プセウドランテムム・ツベルクラツム
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はギリシャ語のpseud(=偽の)とeranthemum(=エランテムム属)の合成語から。/種小名は「塊茎を持った」の意。
学名 Pseuderanthemum tuberculatum
英名
仏名
独名
伊名     撮影者:東京都 中村利治様
西名  撮影地:筑波実験植物園
葡名
漢名
植物分類 キツネノマゴ科ルリハナガサモドキ属
園芸分類 常緑小低木
用途 鉢植え
原産地 ニューカレドニア
花言葉
解説 プセウドランテムム・ツベルクラツムは、キツネノマゴ科の常緑樹である。樹高は1m前後程度に。茎は良く分枝をし、全体的に灌木状となる。葉は長さ3~5㎝程度の楕円形~卵形で、縁部は全縁、先端部は鈍頭、基部は葉柄につらない、枝に対生する。9~2月頃、枝先の葉腋から長さ2㎝程度の細長い筒状花を数個付ける。花冠は5裂し、花色は白地。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考