←トップ頁へ

検索名  プルケネティア・ウォルビリス  
和名jp サチャ・インチ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:富山中央植物園
漢字表記
別名・異名
other name
プルケネティア・ウォルビリス
インカ・インチ
インカ・ナッツ
サチャ・ピーナッツ
インカ・グリーンナッツ
古名old name
語源
etymology
和名は、原産地ペルーでの本種に対する現地名の音読みから。
属名の語源不詳。
種小名は、「巻き付く」の意。
学名sn Plukenetia volubilis
英名en Sacha inchi
Sacha peanut
Mountain peanut
Inca nut
仏名fr Inca inchi
Sacha inchi
独名de Sacha inchi
伊名it Sacha inchi
Arachida dell'Inca
Sacha arachida
西名es Inchi
Sacha inchi
Sacha maní
Maní del Inca
Maní jíbaro
葡名pt Amêndosa-Lopo
Ticazo
Peanut-Incas
漢名ch 星果藤
美藤果
泰名th หรือที่รู้จักกันทั่วไปว่าเป็น 
植物分類 トウダイグサ科プルケネティア属
園芸分類 蔓生常緑樹
用途use 食用(果実)/精油
原産地
dsitribution
ペルー・コロンビア・エクアドル・スリナム・ヴェネズエラ・ブラジル
花言葉
解説
description
サチャ・インチは、トウダイグサ科の蔓生常緑樹である。本種は原産地の項に記した地で、標高1700mまでのアマゾン川流域の熱帯雨林気候帯に自生する樹種である。蔓長は2~3m程度となる。葉は、長さ10~12㎝、幅8~10㎝程度の心形で、縁部には鋸歯を持ち、基部では長い葉柄に連なり茎に互生する。雌雄異花で、雄花は白色の小花で、雌花は花序の基部につき白色の小花である。果実は径3~5㎝程度で、4~7個の角を持ち、中に湿り気のあるパルプを多量に含み、通常100個程度の種子を含む。
履歴 我が国への渡来記不詳。
本種の種子は、古来から南米では食用とされてきたが、アロマテラピー等用に精油が行われるようになったのは、2000年代に入ってからであり、。東南アジア諸国、特にタイでは商業的栽培が多く行われている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考