←トップ頁へ

和名 プルメリア ’サオ・マンノン’
撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:神代植物園
 
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名のプルメリアは、フランス人シャルル・プルミエ(植物学者)(1706年没)の名に因んでいる。
学名 Plumeria 'Sao Mannon'
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 キョウチクトウ科インドソケイ属
園芸分類 常緑中木
用途 路地植え(暖地)/鉢植え/コサージュ/アクセサリー/レイ
原産地 園芸作出品種(ハワイ)
花言葉 恵まれた人、風刺、内気な乙女、情熱、熱心、気品
解説 プルメリア 'サオ・マンノン'はキョウチクトウ科の常緑樹である。本種は、ハワイで作出されたプルメリアの園芸品種である。樹高は、3~3.5m程度となる。枝は太く、肉質で、折ると乳液を出す。葉は、互生し、大きくて羽状脈があり、先端は鋭頭。花色は濃赤色で花弁には濃赤色の条紋が入る。開花時には芳香を放つ。冬場には内場となるが、ほぼ通年開花する。花は径6~7㎝程度。 
履歴          
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考