←トップ頁へ

検索名 プルメリア・ルブラ
和名 インドソケイ
漢字表記 印度素馨
別名・異名 プルメリア/プルメリア・ルブラ/アカバナインドソケイ
古名
語源 和名は、インドのソケイの意。ただしこの場合、インドとは西印度諸島のことである。/属名のプルメリアは、フランス人シャルル・プルミエ(植物学者)(1706年没)の名に因んでいる。/種小名は「赤い」の意。
学名 Plumeria rubra
英名 Red Frangipani, Common Frangipani, Temple Tree
仏名 frangipanier rouge,frangipanier commun
独名 Frangipani
伊名 frangipane
西名 Franchipan,Frangipani,Cacalosuchil
葡名 Jasmim-manga,Frangipane
漢名 紅花鳰蛋花/雞蛋花
泰名 ลั่นทม
植物分類 キョウチクトウ科インドソケイ属
園芸分類 常緑中木 撮影者:タイのIncola様/バンコクにて
用途 鉢植え/コサージュ/アクセサリー/レイ
原産地 メキシコ/パナマ/キューバ
花言葉 恵まれた人、風刺、内気な乙女、情熱、熱心、気品
解説 インドソケイはキョウチクトウ科の常緑樹である。樹高は4m前後程度まで。枝は太く、肉質で、折ると乳液を出す。葉は、互生し、大きくて羽状脈があり、先端は鋭頭。花色は淡紅色~紅色で芳香がある。
履歴 本来、中南米~西インド諸島の原産であるが、古くから熱帯各地に伝えられ、定着を見ている。特にハワイのレイに用いられているのでよく知られている。東南アジア諸国でも多く見かける樹木である。          
県花・国花 ラオス人民民主主義共和国の国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
13 36 「礁湖」