←トップ頁へ

和名 プロスタンテラ・マグニフィカ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はギリシャ語のprostheke(=付属物)とanthera(=葯)の合成語からで、雄蘂に付着物があることを示している。/種小名は「壮大な、立派な」の意。
学名 Prostanthera magnifica
英名 Magnificent Prostanthera
仏名
独名  撮影者:愛媛県 日原由紀子様
伊名 撮影地:オーストラリア・パース
西名 キングス・パーク
葡名
漢名
植物分類 シソ科プロスタンテラ属
園芸分類 常緑低木
用途 鉢植え/路地植え/ハーブ
原産地 オーストラリア
花言葉 信頼、ゆとり、広がる信頼、爽やかな恋、清涼感
解説 プロスタンテラ・マグニフィカは、シソ科の常緑樹である。本種は、オーストラリア西部の花崗岩が露出しているような丘の上や岩の割れ目などに自生する低木である。樹高は0.4~2m程度となる。葉は長さ楕円形~卵形で、縁部には鈍鋸歯があり、先端部は尖り、枝に対生する。8~11月頃、枝先に総状花序を出し、藤色・紫色・桃色の筒状花を多数つける。萼片は花冠を覆うかのように上に立ち上がる。花冠は4裂し、上下2裂片は更に2浅裂する。花弁の縁部並びに花筒の外側は白色の細毛が密生する。  
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考