←トップ頁へ

検索名  プロン・カーオ(タイ語名)   
和名 ネパールソテツ
撮影者:タイのIncola様
漢字表記 尼波羅蘇鉄
別名・異名 キカス・ペクティナータ
アッサムソテツ(阿薩母蘇鉄
プロン・カーオ(タイ語名)
古名
語源 和名は、産地名から。/属名は、ギリシャ語のkukas(=ヤシに似た植物)の意。/種小名は「櫛(くし)の葉状の」の意。
学名 Cycas pectinata
英名 Nepal cycas
Assam cycas
Iron tree
仏名
独名 撮影地:バンコク市内
伊名
西名
葡名
漢名 篦葉蘇鉄/越南篦葉蘇鉄
泰名 เมล็ดปรงภูเขา
植物分類 ソテツ科ソテツ属
園芸分類 常緑小高木
用途 庭園樹・公園樹/薬用(種子)/籠材(葉)/工芸品原料(葉)
原産地 中国・インド・ネパール・ブータン・ミャンマー・バングラデシュ・マレーシア・カンボジア・タイ・ラオス・ヴェトナム
花言葉 雄々しい
解説 ネパールソテツはソテツ科の常緑樹である。樹高は2~6m程度に。樹幹は概して単幹であるが希に分枝することもある。葉は羽状で、長さ1.5~2m程度で、30~40枚程度の葉で樹冠を構成する。小葉は幅0.5~1㎝程度の線形で、長さは17~25㎝程度。葉柄には針状の小さな刺がある。雄花序は卵形~紡錘状の円柱形で、長さ45㎝、径15㎝程度である。小胞子葉は長さ4㎝程度の三角柱状の形状である。大胞子葉は黄褐色で長さは15㎝前後程度。種子は長さ4㎝前後程度の卵形で橙色または黄橙色である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考