←トップ頁へ

和名 プリンストン・ゴールド
漢字表記
別名・異名 ノルウエーカエデ・プリゴ
古名
語源 和名は、英名からで、開発ナーセリー名を冠してある。/属名はカエデの一種Acer campestreのラテン古名からで、Acerには「裂ける」の意があったという。切れ込んだ葉形から。/種小名は「プラタナス属に似た」の意。/品種名は、開発ナーセリーの名に因んでいる。
学名 Acer platanoides 'Princeton Gold' 栃木花センターにて
英名 Princeton Gold
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ムクロジ科(←カエデ科)カエデ属
園芸分類 落葉高木
用途 庭園樹/公園樹/街路樹
原産地 園芸作出品種(アメリカ)
花言葉  
解説 プリンストン・ゴールドはムクロジ科(←カエデ科)の落葉樹である。本種は東ヨーロッパ~西アジアに分布するノルウエー・カエデ(=Acer platanoides)の黄金葉品種である。樹高は10~20m程度。葉色が鮮黄色のカエデで、新芽から落葉時まで葉焼けもせず黄金色が持続するため、近年シンボル・ツリーなどとしての利用が普及されつつある樹種である。日当たりが良いほど葉の色が鮮やかになると言われている。
履歴 アメリカ・ニューヨーク郊外のプリンストンナーセリーにおいて、1989年に作出されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考