←トップ頁へ

和名 プラティテカ・ガリオイデス
撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

漢字表記
別名・異名 ブルーコメット
古名
語源 和名は学名の音読みから。
属名はギリシャ語のplaty(=広い)とtheka(=葯室)の合成語から。
種小名は「ヤエムグラ属のような」の意。
学名 Platytheca galioides
英名
仏名
独名 撮影地:筑波実験植物園
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ホルトノキ科プラティテカ属
園芸分類 常緑高木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 プラティテカ・ガリオイデスはホルトノキ科の常緑樹である。樹高は50~80㎝程度の低木である。我が国の園芸界では「ブルーコメット」の名で流通している。葉は細い線形で枝に車輪のように8本ずつ文字通り輪生する。4~6月頃葉腋に濃青色の花を下垂させる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考