←トップ頁へ

検索名 プラドゥ・バーン(タイ語名)
和名 ヤエヤマシタン
漢字表記 八重山紫檀
別名・異名 インドカリン(印度花梨)/インドシタン(印度紫檀)/アンサナ(マレー語名)/プラドゥ・バーン(タイ語名)
古名
語源 和名は、産地名から。/属名は、ギリシャ語のpteron(=翼)とkarpos(=果実)の合成語から。/種小名は「インドの」の意。(実際にはインドには分布が無いとのことである。)
学名 Pterocarpus indicus 撮影者:タイのIncola様
英名 Burmese rosewood,Narra
仏名
独名
伊名 撮影地:タイ・バンコク
西名
葡名 ประดู่บ้าน
漢名 紫檀、牛血樹、印度紫檀、青龍木
泰語 ประดู่บ้าน
植物分類 マメ科シタン属
園芸分類 常緑高木
用途 用材(家具・工芸品)/公園樹/庭園樹
撮影者:東京都 中村利治様 
原産地 日本(石垣島)~熱帯アジア
花言葉
解説 ヤエヤマシタンは、マメ科の常緑樹である。幹は灰色で直立し、樹高は15~25m程度に。葉は奇数羽状複葉で長さ20~35㎝程度、小葉は7~13枚で互生する。葉質は、薄い革質で、長さ5~10㎝、幅5㎝の卵状披針形~卵状楕円形で、全縁、鋭頭~鈍頭。葉には幾分光沢がある。5月頃、葉腋に円錐花序を出し、黄色い小花を多数つける。莢果は倒広卵形~円形で翼を持つ。莢の表面は有毛。貴重な用材として乱伐され続けたために、現在は自生数も減少の一途を辿っているという。
履歴 撮影地:タイ・ベンジャシリ公園
県花・国花 フィリピンの国樹
古典1
古典2
季語
備考