←トップ頁へ

和名jp フユウガキ
漢字表記 富有柿
別名・異名
other name
居倉御所(旧名)
古名
old name
語源
etymology
和名は豊産性のための命名か?
属名はギリシャ語のDios(=神)とpyros(=穀物)の合成語で、「神の食べ物」の意となる。
種小名は和名から。
学名sn Diospyros kaki 'Fuyu'
英名en persimmon
Kaki
仏名fr palquemine
kaki
独名de Persimone
伊名it cachi
西名es caqui
葡名pt caqui
漢名ch
植物分類 カキノキ科カキ属
園芸分類 落葉中木
用途use 食用/渋は防水用に/庭木/盆栽
原産地
distribution
日本(本州・四国・九州)/朝鮮半島/中国
花言葉 恵み・自然美
解説
description
カキは日本原産の果樹である。鎌倉時代には、既に甘柿と渋柿の区別が文献に見られる。カキは現在我が国で1000種類以上の品種を確認している。世界に誇れる日本産の果物といえる。カキの渋味は雨傘や雨合羽などの防水や漁網の補強に、甘味は、砂糖出現以前の甘味剤として、とにかく多彩に利用された。「富有柿」は岐阜県原産のカキの一品種である。
履歴 カキは岐阜県瑞浪市の第三期層から果実の化石が発見されている。 『万葉集』にはカキは詠まれていない。10世紀頃は「加岐」と表記された。『延喜式』には、すでに平安時代に干し柿等の記述がある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考

『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
22 239 「山茶花」