←トップ頁へ

和名 フユイチゴ
↑撮影者:千葉県 三浦久美子様↓


撮影地:千葉市泉自然公園↑

↑撮影者:東京都 中村利治様↓

漢字表記 冬苺
別名・異名 カンイチゴ(寒苺)
トキシラズ(時不知)
古名 撮影地:熊本県小岱山→
語源 和名は、冬に果実が熟すイチゴの意。
属名は、ラテン古名ruber(=赤)を語源としている。果実が赤熟することから。
種小名は、我が国の植物を採集した「ブュルゲルの」の意。
学名 Rubus buergeri
英名 Buerger raspberry
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 寒莓
植物分類 バラ科キイチゴ属
園芸分類 常緑蔓性低木
用途 路地植え/食用(果実)/煙草の代用(葉)
原産地 日本(新潟・宮城県以西)/台湾/中国/朝鮮半島
花言葉 冷静
解説 フユイチゴは、バラ科の常緑樹である。概して暖山地の樹下に自生する蔓性植物である。樹高は20~30㎝程度。全体に褐色の軟毛があり、まばらに刺がある。葉は葉柄を持ち、卵状円形で、浅く5裂し、縁には細かい鋸歯がある。葉は革質で有毛。9~10月頃、集散花序を出し、白色の5弁花をつける。開花後に果実は赤熟する。果実は食用可であるが、酸味が強い。
履歴 撮影地:筑波実験植物園
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『物品識名』
季語
備考