←トップ頁へ

和名 フウリンウメモドキ
漢字表記 風鈴梅擬
別名・異名
古名
語源 和名は、葉姿がウメモドキに似ていて、長い果柄の先に果実が下垂することから。/属名はholly(セイヨウヒイラギ)またはholly oak(=Quercus Ilex)のラテン古名から。/種小名は「膝折り状に曲がった」の意。
学名 Ilex geniculata
英名
仏名
独名
伊名 撮影地:中尊寺境内にて
西名
葡名
漢名
植物分類 モチノキ科モチノキ属
園芸分類 落葉低木
用途 庭園樹
原産地 日本(本州・四国・九州):日本固有種
花言葉
解説 フウリンウメモドキはモチノキ科の落葉樹である。我が国固有種で、東北地方南部以西に自生し、概してブナ林等の林縁や谷筋・湿地の周辺などの日当たりの良い場所に見られる樹木である。雌雄異株。樹高は2~4m程度。樹皮は灰褐色で平滑。葉はウメモドキに似ていて、長さ4~8㎝、幅2.5~4㎝程度の卵状楕円形~長楕円形で、枝に互生する。葉の表面は明るい緑色であるが、裏面は淡緑色となる。葉の縁部には鋸歯があり、先端部は鋭尖頭となる。6~7月頃、葉腋に白色の小花をつける。雄花序は前年枝に、雌花序は本年枝に付く。花は、2~3㎝の花柄の先につき、花径は4㎜前後程度である。花後の果実は径5~6㎜程度の球形で、秋に赤熟し、下垂する。この果実が下垂した様子が和名の由来となっている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考