←トップ頁へ

和名jp フウリンブッソウゲ
漢字表記 風鈴仏桑華
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、風鈴のような花姿を見せるブッソウゲの意。
属名は、ゼニアオイ属の大形花に着けられたギリシャ及びラテン古名。
種小名は「分裂した花弁の」の意。
学名sn Hibiscus schizopetalus Hook. F.
東京都立八丈植物園にて   
英名en Skeleton Hibiscus
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 裂弁朱槿
植物分類 アオイ科フヨウ属
園芸分類 常緑小高木
用途use 路地植え(暖地)/鉢植え
原産地
distribution
東アフリカ沿岸のザンジバル島
花言葉 真の友情、繊細な美しさ、雄弁、上品、愛を持つ、しとやか
解説
description
フウリンブッソウゲは、アオイ科の常緑樹である。写真に見られるように、とにかくユニークな花姿を見せるハイビスカスの一種である。花弁は細かくちぎれるように裂けて、しかも完全に上向きに反転している。長い花柄が垂れて開花する。本種は、他のハイビスカスとの交雑に用いられて、たくさんの品種を産んでいる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考