←トップ頁へ

和名 フトフタツバカナボウ
撮影者:千葉県三浦久美子様↑
撮影:GKZ/とちぎ花センター↓
漢字表記 太二つ葉金棒
別名・異名 アルオーディア・アスケンデンス
アローディア・アスケンデンス
古名
語源 和名の語源不詳。(葉の形状と、鬼の持つという金棒にも似た幹の様子からの命名だろうか?)/属名は、マダガスカルの昆虫や植物を調査したフランス人Franciois Alluaud Charlesの孫Chrles Allaudへの献名/種小名は「斜上の」の意。
学名 Alluaudia ascendens
英名 Alluaudia
仏名 Allaudia très grande
独名 Alluaudia ascendens
伊名
西名 撮影地:筑波実験植物園→
葡名
漢名 亞森丹斯樹
植物分類 カナボウノキ科アローディア属
園芸分類  落葉低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 マダガスカル島
花言葉
解説 フトフタツバカナボウは、カナボウノキ科の落葉低木である。乾燥地帯に自生するために独特の発達をした植物の一種である。乾燥期には落葉し、雨期になると突然芽吹き出す。幹に水分を蓄えるために樹皮は堅く、丈夫に出来ている。雌雄異株。樹高は原産地では10~15m程度に。葉はサボテンと同じように刺座から生じ、刺を伴い、ハート型の葉がペアでつく。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考