←トップ頁へ

和名 フチベニベンケイ
漢字表記 縁紅弁慶
別名・異名 カゲツ(花月)/金の成る木/オウゴンカゲツ(黄金花月)
古名
語源 和名は、ベンケイソウ科の植物で、多肉質の葉の縁が赤味を帯びることからか?/属名はラテン語で「厚い」の意で、葉に厚味があることから。/種小名は「卵円形の」の意。
学名 Crassula ovata(=Crassula portulaceae)
英名 Jade Plant/Sickle Plant,Friendship plant,Lucky plant,Money plant
仏名 Arbre de Jade とちぎ花センターにて
独名 Dickblatt,Geldbaum
伊名 Albero di giada
西名 Crásula ovata
葡名 Árvore-da-amizade
漢名 翡翠木、發財樹
植物分類 ベンケイソウ科クラッスラ属
園芸分類 常緑樹
用途 室内鉢物
原産地 南アフリカ
花言葉 一攫千金
解説 フチベニベンケイは、ベンケイソウ科の常緑樹である。草丈は原産地では3mにも及ぶと言う。葉は多肉質の長さ3㎝程度の卵円形で枝に対生する。葉は光沢のある緑色であるが、冬場になると縁が赤味を帯びる。花は冬場に枝先に淡桃色で5弁で星型の小花を多数つける。
履歴 我が国へは昭和初期に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考