←トップ頁へ

和名 フタエビジン
漢字表記 二重美人
別名・異名
古名
語源 和名は、二重咲きのヤマツツジであることから。/属名は、Rhodon(=バラ)とdendron(=樹木)の合成語で、「赤い花をつける木」の意。/種小名は「丸味を帯びた」の意。/変種名は、元禄年間に我が国に滞在したドイツの外科医でもあり、博物学者でもあったケンペルの名に因んでいる。
学名 Rhododendron obtusum var. kaempferi 'Hutaebijin'
英名
仏名
独名
伊名
西名    
葡名  
漢名
植物分類 ツツジ科ツツジ属
園芸分類 半落葉低木
用途 庭園樹・公園樹
原産地 日本(園芸作出品種)
花言葉 愛の喜び・情熱・節制・伝奇 群馬県館林市:群馬県立つつじが岡公園にて
解説 フタエビジンは、偶然実生から育種された園芸ツツジである。春葉の形状は楕円形で先端は鈍頭。葉に光沢はあまりない。花は赤桃色の二重咲きである。絞り、底白、覆輪などは見られない無地花である。所謂「館林ブランド」ツツジの一品種である。
履歴 本種は平成17年(2005) 6月 22日に館林市によって農林水産省に対し新品種登録が成されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考