←トップ頁へ

和名 フシノハアワブキ
↑撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:小石川植物園



漢字表記 節葉泡吹
別名・異名 リュウキュウアワブキ(琉球泡吹)
古名
語源 和名は、本種の場合、枝の付け根が膨らみを見せ、枝を切り落とすと、切り口から泡を吹き出すことから。
属名は、ギリシャ語のmeli(=蜂蜜)とosme(=匂い)の合成語からで、「蜂蜜の匂いのする木」の意。
種小名は「(採集家)オルダムの」の意。
学名 Meliosma oldhamii
英名
仏名
独名
伊名 撮影地:小石川植物園
西名
葡名
漢名 紅紫枝
植物分類 アワブキ科アワブキ属
園芸分類 半落葉性低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 日本(山口県から沖縄県)・台湾・朝鮮半島・中国
花言葉
解説 フシノハアワブキはアワブキ科の半落葉樹である。樹高は10m程度となる。葉は枝先に集まり、9~15個の小葉でなる奇数羽状複葉である。小葉は、長さ4~10㎝、幅2~3.5㎝程度の狭卵形~長楕円形で、上半分の縁部には鋸歯があり、先端部は鋭頭となる。5~6月頃、枝先に複円錐花序を出し、黄白色の小花を多数付ける。花弁は5個で、内3個は楕円形で、残る2個は線状円形となる。花後の果実は、径5㎜程度の球状核果で、秋に赤熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考