←トップ頁へ

和名 フサザクラ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
撮影地:小石川植物園
漢字表記 総桜
別名・異名 タニグワ(谷桑)
タニハリ(谷張)
ナナガマ(七竈)
クワモドキ(桑擬)
古名
語源 和名は、樹皮がサクラに似ていて、花が総状に密生することから。/属名はeu(=良)とptelea(=ニレ)の合成語で、実がニレに似ていて、花が美しいことから。
学名 Euptelea pleiosperma
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 フサザクラ科フサザクラ属
園芸分類 落葉高木
用途 用材(櫓・櫂・建具・細工物・薪炭)/鳥黐(樹皮)
原産地 日本(本州・四国・九州)
花言葉
解説 フサザクラは、フサザクラ科の落葉樹である。樹高は一般的に3~5m程度だが、20mに達することもある。樹皮は褐色でサクラに似る。葉は互生する。春、葉の展開前に暗赤色の花を見せる。果実は6㎝前後の歪んだ倒卵形。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』
季語
備考