←トップ頁へ

和名 フロミス・プルプレア
撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様
 

 撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方       
漢字表記
別名・異名 パープル・エレサレムセージ
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/別名は英名の音読みからであるが、葉姿がセージに似ていることによる。/属名Phlomisとは、ギリシャ語の「焼く」の意。/種小名は「紫色の」の意。
学名 Phlomis purpurea
英名 Purple Jerusalem sage
仏名 Sauge de Jérusalem poupre
独名
伊名 Phlomis purpurea
西名 Matagallo
葡名 Candieiros
Marioila
漢名
植物分類 シソ科オオキセワタ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 イベリア半島
花言葉
解説 フロミス・プルプレアは、シソ科の常緑低木である。本種は、原産地の項に記した地で、概して日当たりの良い草原に自生の見られる灌木である。樹高は0.5~1.5m程度となる。茎も葉も白色の軟細毛で覆われる。葉は長さは最大で10㎝程度の楕円状披針形で、縁部には粗い鋸歯があり、基部は短い葉柄に連なり対生する。葉の表面は葉脈に沿って細かな凹凸がある。葉の両面に白色の星状毛が多数見られる。4~6月頃、長い花茎を立ち上げ、数段になって各葉腋から輪生状散形花序を出し、桃色で花弁が船底形の花を数個つける。花弁の上にはやはり船底形の萼片が覆う。萼片の表面には細毛が密生する。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考