←トップ頁へ

検索名 フロミス・フルティコサ   
和名 エレサレム・セージ
漢字表記
別名・異名 フロミス・フルティコサ
古名 東京都薬用植物園にて→
語源 和名は、英名から。/属名Phlomisとは、ギリシャ語の「焼く」の意。なお、和名・英名共にセージの名が見られるが、本種はサルビア属ではない。セージの代用として用いられたことからと言う。/種小名は「低木状の」の意。
学名 Phlomis fruticosa 撮影者:東京都 中村利治様↑
英名 Jerusalem sage
仏名 Sauge de Jérusalem
独名 Brandkräuter
伊名 Salvia di Gerusalemme,Salvione,Falsa salvia
西名 Flomis,Oreja de liebre,Salvia Amarilla,Salvia de jerusalen,Candilera,Orejas de burro
葡名 salvia-de-Jerusalém
漢名 橙花糙蘇 ↑国営武蔵森林公園にて↓
植物分類 シソ科オオキセワタ属 撮影:GKZ
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え/ドライフワー/ポプリ
原産地 地中海沿岸地域
花言葉 清楚
解説 エレサレム・セージは、シソ科の常緑低木である。樹高1~1.5m程度。葉は楕円状披針形で、対生する。葉の両面に白色の星状毛が多数見られる。花期は長く5~9月頃まで。花色は鮮黄色。
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 佐野市:三かも山ハーブ園にて→