←トップ頁へ

和名 フレモントデンドロン・カルフォルニクム
漢字表記
撮影者:千葉県 三浦久美子様
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、19世紀アメリカ人軍人・政治家・植物蒐集家のJohn charles Fremontへの献名。因みにdedronはギリシャ語で「樹木」の意。/種小名は「カリフォルニアの」の意。
学名 Fremontodendron californicum
英名 California flannel bush
California Fremontia
Flannel bush
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 撮影地:筑波実験植物園
植物分類 アオイ科フレモントデンドロン属
園芸分類 常緑低木
用途
原産地 アメリカ
花言葉
解説 フレモントデンドロン・カルフォルニクムはアオイ科の常緑樹である。本種は、アメリカ西部のカリフォルニア州~アリゾナ州の比較的砂礫質な土壌地帯に自生の見られる樹木である。樹高は2.5~5.5m程度となる。若枝並びに葉裏は褐色の軟細毛に覆われている。葉は5~10㎝程度の掌形で先端部は3浅裂する。葉の表面には細い刺状の細毛に覆われている。この細毛は、皮膚に触れると刺激物となる。5~6月頃枝先黄色い花を見せる。一見して黄花の5弁花に見えるが、実際は萼片であり、花径は2.5~5㎝程度となる。花後には、長さ2.5~3.5㎝程度の果実をつける。果実は褐色の長毛に覆われる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考