←トップ頁へ

検索名  フラテルナ   
和名 シラハトツバキ
撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影地:筑波実験植物園
撮影者:千葉県三浦久美子様↓


漢字表記 白鳩椿
別名・異名 フラテルナ
古名
語源 和名の語源不詳。(蕾時の形状と花色とからの命名か?)
属名は、17世紀チェコスロバキアの宣教師でマニラに滞在し東洋の植物を採集したことで知られるG.J.カメルスの名に因んでいる。
種小名は「双子の、兄弟の」の意。一箇所にペア状に花をつけることから。
学名 Camellia fraterna
英名 Fraterna camellia
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 毛花連蕊茶
植物分類 ツバキ科ツバキ属
園芸分類 常緑小高木
用途 庭木
原産地 中国
花言葉
解説 シラハトツバキはツバキ科の常緑樹である。中国産の原種ツバキで、各種の園芸ツバキ作出の交配親として用いられている。樹高は1~4m程度に。若枝は紫褐色で無毛だが、緑色の今年枝には細毛が密生している。3~5㎜程度の葉柄を持った葉は薄い革質で長さ4~8㎝、幅23.5㎝の長楕円形で、縁には細鋸歯があり、先端は鋭頭、枝に互生する。2~4月頃、枝先に2個の花をつける。花色は白色で、花径は4㎝前後、花は平開するが、平開時には花弁は外側に反る傾向を見せる。花冠は5裂し、各花弁の先端は中央部が凹みを見せる。
履歴 本種は、昭和35年(1960)頃、米国経由で渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考