←トップ頁へ

和名 フランシス・デュブリューユ  
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、品種名から。/属名のrosaはバラのラテン名である。ケルト語のrhodd(=赤色)→ギリシャ語のrhodon(=赤色・バラ)→ラテン語のrosa(=バラ)と変化。/品種名は、作出者の名に因んでいる。
学名 Rosa 'Francis Dubreuil'
英名
仏名
独名
伊名 撮影地:とちぎ花センター
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科バラ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種(フランス)
花言葉 決して滅びることの無い愛、永遠の愛
解説 フランシス・デュブリューユはバラ科の落葉樹である。本種はフランスで作出されたテーローズ系の園芸品種である。所謂オールド・ローズ系に分類される。茎は直立し、或いは弦バラとなり、樹高は1.2m程度となる。花はダークレッドの四季咲き種で、花径10㎝、花弁数26~40個程度のロゼット咲きで、開花時には強い芳香を放つ。
履歴 本種は、フランスのFrancis Bubreilによて1894年に作出されている。
県花・国花   
古典1
古典2
季語
備考