←トップ頁へ

検索名  フラミンゴプランツ  
和名jp サンゴバナ
撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影:GKZ/撮影地:とちぎ花センター↓
漢字表記 珊瑚花
別名・異名
other name
ジャコビニア
フラミンゴプランツ、
ジャスティシア・カルネア、
古名old name 撮影地:新宿御苑
語源
etymology
和名は、花色と花姿とから。
属名は18世紀スコットランドのイギリスの園芸家・植物学者であったJames Justiceへの献名。
種小名は「肉色の、肉紅色の」の意。
学名en Justicia carnea
英名en Water-willow,
Shrimp plant,
Brazilian Plume flower,
Flamingo flower,
Jacobinia
仏名fr
独名de
伊名it
西名es Jacobinia
葡名pt Jacobínia
justícia
Justicia-rosa
漢名 珊瑚花/串心花
植物分類 キツネノマゴ科ジャスティシア属
園芸分類 常緑小低木  
用途use 鉢植え/路地植え  
原産地
distribution
ブラジル  
花言葉 繊細な想い、華やかな恋、揺れる心、熱意、きらめき  
解説
description
サンゴバナは、キツネノマゴ科の常緑樹である。樹高は0.5~2m程度に。茎は直立し、よく分枝を繰り返し横方向に枝張りが広がる樹形となる。葉は長さ15~20㎝程度の長卵形で全縁、鋭頭で、茎に対生する。葉の表面には光沢があり、、裏面は暗赤褐色を帯びる。5~10月頃(適温下では通年開花という)、茎頂に直立した花穂を立て、桃赤紫色の花を多数つける。花は筒状で、尖端は2唇状に5裂する。 
履歴 我が国へは江戸末期に渡来している。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考